スーパーの野菜売り場で、無農薬野菜、有機野菜、低農薬野菜といった表示を見かけますが、その違いを理解していますか?
私は曖昧だったので、それぞれの違いを調べてみました。

まず無農薬野菜ですが、その言葉通り農薬、或いは化学肥料を使用しない栽培方法によってつくられた野菜です。
次に有機野菜は、農薬、化学肥料、土壌改良剤を3年間使用せず、堆肥で土壌づくりされた畑で、有機肥料を使ってつくられた野菜です。
最後に低農薬野菜は、通常の五割以下の農薬量で、尚且つ農薬散布回数も減らした環境でつくられた野菜です。

無農薬野菜や有機野菜は、安全で味が良い反面、値段が割高です。

オススメ>>中学生が太股の肉割れを治す方法と原因を調べてみた

生産に手間がかかるため、生産者数が少なく、それに伴い流通量も少ないので、どうしても価格が高くなってしまいます。
しかし、3割増し程度の負担で安全が買えると考えれば、決して高くないように感じます。

近年、私と同じような価値観で無農薬・有機野菜を選ぶ方は増えています。

未分類